音楽の先生にサポ!

音楽の先生は孤独です。行事の成功と責任を担う立場。でも一番は授業で心を繋ぎたい!そんな先生をサポートするブログ。

「翼を広げて」歌詞の意味   合唱指導のコツ−14

「翼を広げて」歌詞の意味 
 合唱指導のコツ−14
 
   山崎朋子作詞作曲
 
********************
 
どこまでも続いているこの道を
(今は・・君と共に歩いているけれど)
いつか一人で歩く日が来る
 
僕はささえてくれている君と
今は・・手をつないで歩いているけれど
いつか その手を離す時が来る
 
その時僕は何を支えにして
夢や希望をさがしているのだろう
 
翼を広げたら あの風に乗り
今 明日という未来へはばたいていこう 
 
太陽がまぶしすぎるこの場所で
君と出会い胸がときめいた
あたたかい言葉が心にしみて
僕の瞳には涙があふれてた
 
そこに見えるのは
君の笑顔
そっと僕らを包んでた
いつまでも忘れることのない日々は
時を越え未来へつながっていくよ
今 翼を広げたらあの風に乗り
明日という未来へはばたいていこう 
 
********************
 前奏の美しい合唱曲。
合唱の経験が少ない場合
初めはこのような
静かな曲がとっつきやすいです。
 
相手のパートを聴きながら
ハーモニー様子を確かめながら
情緒たっぷりに歌うことを
体感できます。
 
3度のハーモニーから始まり
掛け合いもあり
途中の少し難しい下りもありと」
ちょうど良い難易度なので
完成度を求めるなら
こういう曲がいいですね。
合唱を練習するのにうってつけの曲です。