音楽の先生にサポ!

音楽の先生は孤独です。行事の成功と責任を担う立場。でも一番は授業で心を繋ぎたい!そんな先生をサポートするブログ。

人類に歌はなぜ生まれたのか? 歌で気持ちを共有する心地よさ。

 

blog.you-will-find.work

 

 

歌うという行為は

どうして生まれたのか?

 

 昔も今も

生きているものは

合図や感動を声にした。

 

f:id:You-will-find:20190831071142p:plain

 

それが

食欲を満たすだけでなく

いろいろな欲を満たすために広がり

一人ではなく仲間と共に

生活が複雑になり

もっと複雑なことを伝えたくなる。

音声が伝達の機能を果たしていく。

そして伝えたいと思うから

独立した言葉になって

感情表現していった。

 

人間が言葉を持つようになった時の

原始の言葉は

まずは感動詞に違いない。

感動をより深く伝えるために

言葉になり

抑揚や節がつけられ

やがて歌になった。

意味のわかる言葉が沢山加わり

情感を深めていった。

仲間と歌うことで連帯を深めていった。

気持ちを共有すること

歌う人がいて

聴く人と歌う人がいる

そして聴いていた人が

歌う人になり

一人ずつ歌う人が増えていく

皆で歌い感情を共有する

嬉しい

悲しい

苦しい

怒り

もっと複雑な人の感情を

共有することの気持ちよさヲ感じ

太古の昔から歌は

永遠に続いている。

 

これが歌の源だと思う。

 

blog.you-will-find.work

 

 

blog.you-will-find.work

 

 

blog.you-will-find.work

 

 

blog.you-will-find.work

 

 

blog.you-will-find.work